【未経験からでも】介護業界で早めに出世する方法|半年で管理者になった経験を元に解説

こんにちは、さしまる(@sashimaru111)です!

今回は介護業界での出世に関してのノウハウを、自分の経験を元に紹介していきたいと思います。

もちろん『出世』と言っても着実なのは、

  • 現場経験を積んで
  • 関連する資格も取って
  • 周りの職員からの信頼を得てから

みたいな方法だとは思います。

これらを飛ばして早く出世するという事は、やはりそれなりの苦労があるのは事実です。

しかし、それでもいち早く責任ある立場となる事は、その苦労に匹敵する知識や経験を身につける事が出来るとも言えます。

 本記事のテーマ
・介護業界で早めに出世する方法【管理者を目指す場合】
・早めに出世する事でのデメリットとメリット

介護業界で早めに出世する方法【管理者を目指す場合】

今回は介護業界での役職の一つである、管理者を目指す場合について紹介します。

結論は至ってシンプルなんですが『該当の求人に応募する事』です。

出世においてポイントとなるのが、社内にそのポストがあるかどうかという部分。

どれだけ長く働いていて優秀な社員でも、そこにハマるポジションが無ければ出世できない訳なので(ガンガン施設を立ち上げているような会社なら別ですが)

求人が出ているという事はつまりポストが空いているという事になります。

では具体的にそれは「どんな求人なのか?」というと、そのまま「管理者求人」もしくは「管理者候補の求人」です。

ちなみに僕自身もこの求人に応募して、半年で管理者になっています(応募当時は無資格で介護の経験も微々たるものでしたが、なれました)。

では次に、このような求人の探し方について紹介していきます。

管理者求人の探し方

管理者求人や管理者候補の求人をいち早く見つける為には、転職エージェントと転職サイトを上手く併用する事が重要です。

まず転職エージェントと転職サイトの違いについてですが、

かなり簡単に説明すると、

  • 転職エージェント:希望する条件の求人を担当者が探してくれる
  • 転職サイト:自分で条件検索をかけて求人を探す

という感じ、この2つを同時に使っていきます。

転職エージェント・転職サイトの併用

転職エージェントに関しては、介護系の求人特化のものがあるのでそこを活用していきましょう。

 転職エージェント
きらケア
かいご畑
まずは案件が豊富な上記2社を使うのがおすすめです。
少しでも介護の経験がある場合は高給与案件に特化したリッチマン介護 も併せて利用する事が可能です。

しかし、転職エージェントについてはそこまで期待せず『引っかけておく』くらいでOKです。

なぜなら、転職エージェント側は早く職場を紹介したいと思っているはずなので、

未経験・無資格の方や当時の僕のように少ししか経験が無い人に対しては恐らく、

  1. 「資格を取ってからの方が良いですよ、それまでは介護職でどうですか?」
  2. 「経験が無いと厳しいと思いますよ。まずは介護職での経験を積まれてはどうですか?」

と提案してくるパターンが多いと思われるからです。(ちなみに②は実際に言われました)

とは言っても、未経験・無資格からでも応募可能な管理者求人は少ないかも知れませんが存在はしているので、

担当者にはあくまでも「私の経歴で応募可能な管理者求人や管理者候補の求人が見つかった時だけご紹介お願いします。」と伝えるようにしましょう。

引っかけておくとはそういう意味で、紹介してくれたらラッキーくらい捉えておけば良いという事です。(※資格や経験があるなら逆に積極的な活用をおすすめします。

 転職サイト(メインに使う方)
リクナビNEXT
登録完了後に求人検索する事が可能です。

リクナビNEXTは転職業界大手のリクルートが運営しているだけあり、介護系の求人もかなり多く抱えています。

僕が見たタイミングでは未経験からでもOKの管理者求人は複数ありました。

無資格・未経験の方や経験があっても少ないという方は転職サイトをメインに使いましょう。

早めに出世する事でのデメリット

ここまで、管理者や管理者候補の求人に飛び込む事がいち早く出世する方法という紹介をしました。

しかし、冒頭でも言いましたが、やはりそれなりの苦労は付いてきます。

というのも、管理者の仕事は単純に介護の知識があればOKという訳ではなく、

  • マネジメントスキル
  • 営業スキル
  • パソコン(特にエクセル等のofficeソフト)の知識

なども必要になってきますので、当時の僕にとってはこれらも学びながらプラスして介護の知識もという状態だったので、

毎日大忙しだった事を記憶しています。

要領が良い方や、それなりのビジネス経験がある方はそこまで苦労はしないのかなとも思いますが、

やはり順調に階段を登っていくような出世の仕方に比べると負荷がかかるのは否めません。

早めに出世する事でのメリット

恐らくこの記事を見て下さっているという事は、早めに出世する事で得られるメリットが分かっているからこそだと思うので、

あえて書かなくても良いかなと思いましたが念のために。

  • 高い給料を貰える
  • 経験・知識がいち早く身につく
  • 次の転職にも有利になる

という点は大きなメリットですよね。

特に一度管理者を経験してしまえば、次の転職でも活かしやすいです。

同じ管理者の求人にも受かりやすくなりますし、

僕自身は管理者時代の営業経験から、老人ホームの営業職に転職しましたが、やはりスムーズにいきました。

デメリットの部分で『それなりの苦労がある』と言いましたが、残るものは大きいと感じます。

早く出世する事に年齢は関係ない【20代前半でも可能】

早く出世したいけど、まだ若いしほぼビジネス経験もないし自分には無理かな。

と僕自身がそう思っていました(当時22歳)。

しかし、そんな僕でもなれたので、少なくとも気持ち次第で管理者になる事は可能だと思います。

数多くの失敗もありましたが、現在は全て経験として活かすことが出来ていると実感しています。

自分には無理だと思っても一念発起して飛び込んでみるのもアリだと思いますよ!

という事で今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめ介護転職サイト
【介護転職サイト厳選10社】
この記事では、転職サイト26社を調査した中から、介護の仕事を探す方へ本当におすすめ出来る10社を厳選し転職活動の目的別で紹介しています!
こちらから要チェック