アルコールとエタノールの違いについて解説します【メタノールには要注意!】

「アルコールとエタノールってどんな違いがあるの?」

といった疑問に回答します。

結論から言うと「エタノールはアルコールの一種」です。

詳しい部分が気になる方はさらに読み進めてみてください!

アルコールとエタノールの違いについて

アルコールとエタノールの具体的な違いについて解説していきます。

冒頭で述べた通り、結論としては「エタノールはアルコールの一種」です。

というのもエタノールの正式名称は“エチルアルコール”といい、名前の通り、数あるアルコールの種類の中1つとなります。

コロナウイルスが世界的に流行し、店内に入る時は「アルコール消毒」を求められることも多くなりましたが、

一般的に消毒用として使われているアルコールがエタノールという事です。

イメージ図

ただし、アルコールの中でも、エタノールと名前が似ている“メタノール”は有害となるので注意が必要です(後半で解説します)

アルコール(エタノール)は用途別での使用が好ましい

一般的にアルコールはエタノールの事を指すことを解説しました。(以下、アルコールと表現します)

アルコールを使用する際のポイントとしては、用途別で選ぶという事が挙げられます。

例えば、

  • 手指の消毒用
  • キッチンの除菌・清掃用
  • 雑貨など物の除菌・清掃用

など、これら使用用途によってそれぞれ消毒効果が最も発揮されるようにエタノールの濃度・成分は調整されております。

また、物の除菌に使用するために作られたアルコール消毒液は「変性剤」という食品添加物でないものが含まれておりますので、

口に含んでしまう可能性がある手指などへの使用は避けるよう注意が必要です。

各使用用途を確認し、目的にあったアルコールを使用するようにしましょう。

メタノールは有害なので注意が必要

同じアルコールに分類されるものですが、メタノールは主に燃料として使用される工業用のアルコールです。

吸入や誤飲をしていまうと・吐き気・めまい・意識障害を起こす可能性があり危険なので、十分注意する必要があります。

名前が似ているだけに「ネットショップでエタノールと間違えて購入してしまった」などのミスが起こらないとも限りません。

と言っても、そもそもエタノールというワードから消毒用のアルコールを購入するというシーンは滅多にないと思いますが、

まれにエタノールの事をメタノールと言い間違えている方は見かける事がある為、念のためと思い解説させて頂きました。

名前は似ていますが、物としては大きく違うものですので併せて覚えておくと良いでしょう。

おすすめ介護転職サイト
【介護転職サイト厳選10社】
この記事では、転職サイト26社を調査した中から、介護の仕事を探す方へ本当におすすめ出来る10社を厳選し転職活動の目的別で紹介しています!
こちらから要チェック