ケアマネージャー(介護支援専門員)になるには【資格試験概要など】

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護を必要とする方が介護保険サービスを利用できるよう、ケアプランの作成や事業所の紹介や調整などを行ったりする介護業界には欠かせない中心的な存在です。

今回はケアマネージャーの資格を取得する際の道のりについてみていきたいと思います。

ケアマネージャー(介護支援専門員)は公的資格

ケアマネージャーとは、正式には「介護支援専門員」と言います、また介護現場では、通称「ケアマネ」と呼ばれ「CM」と表記したりする事もあります。

ケアマネージャーになるためには、後述する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格することが必須です。この資格は、公的資格で居住する各都道府県で年に1回の試験を受けなければなりません。

それでは試験の概要をみていきます。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の受験資格

ケアマネージャーの受験資格は2018年から一部改正されています。

まずは実務経験が必要

まずは実務経験として、下記の条件下で通算して5年以上かつ900日以上従事する必要があります。

✔該当の国家資格等(※)に基づく業務

✔生活相談員・支援相談員・相談支援員・主任相談支援の業務

(※)該当資格:医師、歯科医師、薬剤師、保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、義肢装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師、精神保健福祉士、栄養士、管理栄養士

従来(2017年度試験まで)は、介護職員初任者研修や社会福祉主事任用資格などでも受験要件が満たされたりもされましたが、現在は国家資格等保有者と生活相談員等の相談援助業務従事者に限定されています。

受験の流れ

受験申込

都道府県によって申込日は異なります。

ケアマネージャー(介護支援専門員実務研修受講)試験

ケアマネージャー試験概要

出題形式5つの選択肢から正しいものを複数選択
問題数60問(下記参照)
試験時間120分
資格講座ユーキャンのケアマネジャー講座

出題分野

介護支援分野(25問)

  • 介護保険制度の基礎知識
  • 要介護員抵当の基礎知識
  • 居宅・施設サービス計画の基礎知識等

保健医療福祉サービス分野

  • 保険医療サービスの知識等(20問)
  • 福祉サービスの知識等(15問)

合計60問

ケアマネジャー試験ワークブック2020

新品価格
¥3,080から
(2020/3/28 06:16時点)

合格後、介護支援専門員実務研修

例年12月上旬の合格発表後、実務研修を(合計87時間以上)終了します。

登録

研修終了後、介護支援専門員資格登録簿への登録を申請(3か月以内)し、「介護支援専門員証」を取得します。※登録申請は住民票の登録地または勤務先の都道府県で行います。

また、ケアマネージャーの資格は5年の更新制となっています。資格を更新する為には更新研修を受講する必要があります。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格まとめ

ケアマネージャーはやはり介護業界の上位資格である為に、受験要件も厳しく合格率も比較的低い試験とされています。しかし、その分試験に合格した時の喜びは大きいと思います。しっかりと対策を積んで試験に臨んでいきたいところですね。

おすすめ介護転職サイト
【介護転職サイト厳選10社】
この記事では、転職サイト26社を調査した中から、介護の仕事を探す方へ本当におすすめ出来る10社を厳選し転職活動の目的別で紹介しています!
こちらから要チェック