訪問介護員ってどんな仕事なの?具体的な仕事内容を解説!

訪問介護員に興味を持っている人はたくさんいるでしょう。

もしかしたら、現在訪問介護員になるべく就職、転職活動をしている人もいるのではないでしょうか。

ただ、意外と訪問介護員の仕事内容について知らなかったり、間違った知識をつけてしまっていたりする人がいるのです。

そこでこの記事では、訪問介護員の仕事内容について、詳しく解説していきます。

訪問介護員とは?

訪問介護員というのは、文字通り利用者の家に訪問し、利用者の家で生活のサポートを行います。

よく使われる言葉は、ホームヘルパーです。

訪問介護員になるためには、介護職員初任者研修以上の資格が必須となります。

訪問介護員の仕事内容は?

では、そんな訪問介護員の仕事内容とは、一体どのような物なのでしょうか。

身体介護

まずは身体介護です。

  • 食事
  • 入浴
  • 排泄
  • 着替え
  • 体位変換
  • 服薬

など、身体に関わること全般をサポートしていきます。

利用者ごとに必要となるサポートが変わってくるため、柔軟な対応力が求められます。

生活援助

続いては生活援助です。

これは、

  • 料理
  • 掃除
  • 洗濯
  • 買い物
  • 薬の受け取り

など、生活に必要な作業などを援助します。

利用者の中では、自力で買い物に行けない人などもいるため、代わりに訪問介護員がサポートするのです。

訪問介護員ができない仕事もある?

とはいえ、訪問介護員は全てのサポートを行えるというわけではありません。

中には訪問介護員ができない、あるいはやってはいけないサポートもあります。

医療行為

まずは医療行為です。

  • インシュリン注射
  • 血糖値の測定
  • 座薬

などは基本的に行うことが出来ません。

血圧の測定だけであれば、医療行為と判断されることは少ないのですが、その結果を見て独自のアドバイスなどをしてしまうと医療行為に該当するため、施設の方から禁止されることが多いです。

度を超えた家事代行

続いては度を超えた家事代行です。

  • 大掃除
  • 庭の掃除
  • ペットの世話
  • 金銭管理

など、訪問介護員が行うべきではない仕事に関しても、行うことが出来ません。

基本的に、訪問介護員が生活援助を行う場合は、

  • 一人暮らしであること
  • 利用者の家族が病気を患っていること
  • 利用者の家族が病気ではなくとも、何らかの理由で家事ができないこと

が条件となっています。

全てを満たす必要はありませんが、どれにも当てはまらない場合には、生活援助ができないのです。

訪問介護員にはどんな魅力がある?

では、訪問介護員として働くことには、一体どのような魅力があるのでしょうか。

雇用形態が豊富

まずは雇用形態が豊富ということです。

  • 正社員
  • 契約社員
  • パート
  • アルバイト

など、自分に合わせて働き方を選択することができるのです。

そうすることで、

  • 家事や育児の隙間時間で働きたい
  • 仕事への復帰をしたい
  • ガッツリ働きたい

など、それぞれの希望に合った働き方を選択することができるため、ストレスなく働くことができるのです。

融通が利きやすい

そして、勤務時間の融通が利きやすいことも特徴的です。

雇用形態によって勤務する時間は違うのですが、アルバイトやパートなどであれば短時間だけ働くということも可能ですので、

  • お小遣いを稼ぐ
  • 生活の足しにする
  • 社会に慣れる

という意味でもかなりのメリットがあると言えるでしょう。

また、働く場所についても融通が利く場合があります。

というのも、訪問介護員は非常勤の登録ヘルパーとして働くこともできるため、働きたい時に仕事ができるというメリットもあるのです。

中には、

  • シフトが出せない
  • 基本的に家を空けられない

などの事情がある人もいるでしょう。

基本的にそのような人がシフト制のアルバイトやパートをすることは難しくなってしまうのですが、登録制の非常勤であれば、好きな時に働くことが出来る場合もあるため、プライベートと調整しながら働くことができるのです。

訪問介護員に向いている人は?

訪問介護員に向いている人は、

  • コミュニケーション能力に長けている人
  • 体力がある人
  • 親や祖父、祖母などの介護をしたことがある人
  • 思いやりがある人
  • 小さなことに気付ける人

などです。

訪問介護は、利用者がリハビリ施設に来るわけではなく、訪問介護員が直接出向いてサポートを行います。

一人で訪問することもあるため、コミュニケーション能力や小さな気づきが非常に大切になるのです。

また、利用者は訪問介護員のことを娘や息子、孫のように思っている場合もあるため、親や祖父、祖母の介護を経験したことがある人の方が、すぐに馴染むことができる場合があるのです。

訪問介護員の求人の探し方は?

訪問介護員の求人を探す場合は、介護業界に特化した求人サイトを活用するのがおすすめです。

訪問介護員をはじめとする介護関連の求人数が多く、非公開求人等も揃っていたりするのでメリットが大きいです。

その中でも、口コミ・評判の良い求人サイトを下記の記事にまとめたので是非活用してみてください。

まとめ

訪問介護員は、施設に利用者が来て一日サポートをするという仕事ではないため、介護サービスの中でも若干特殊な仕事だと思います。

また、仕事内容も訪問介護員ならではの内容になっていたり、できることと、できないことが分かれていたりします。

そのため、これから訪問介護員として働きたいという場合には、最低限今回紹介した知識を頭に入れておくことをおすすめします。

そうすることで、スムーズに仕事をこなしていくことができるしょう。

おすすめ介護転職サイト
【介護転職サイト厳選10社】
この記事では、転職サイト26社を調査した中から、介護の仕事を探す方へ本当におすすめ出来る10社を厳選し転職活動の目的別で紹介しています!
こちらから要チェック