実務者研修について【取得のメリット・受講時間・免除内容など】

介護職のキャリアアップとして「実務者研修」の修了はもはや必須なのではないでしょうか。

無資格からでも受講する事が可能な実務者研修ですが、介護職員初任者研修の上位にあたる資格として位置付けられています。今回はそんな実務者研修についてみていきたいと思います。

実務者研修とは

実務者研修修了のメリット

・職場で資格手当が付くケースが多い

・介護職の転職に有利になる

・サービス提供責任者として働ける

・介護福祉士試験が受験できるようになる

・喀痰吸引などの医療行為をする事が可能になる

など

このように多くのメリットがある実務者研修ですが、目的としては、より実践的な知識・技術を身に着ける為とされています。

実務者研修を受ける事で、着実に介護職としてのキャリアを積んでいく事が可能となります。

介護業界で就業中の方や、これから働こうと考えている方は積極的に受講する事をおすすめします。

実務者研修を受講するには

以下の受講科目を受ける必要があります。赤字の部分についてはスクーリングになります。

受講科目受講時間スクーリング内容
人間の尊厳と自立5時間 
社会の理解Ⅰ5時間 
社会の理解Ⅱ30時間 
介護の基本Ⅰ10時間 
介護の基本Ⅱ20時間 
コミュニケーション技術20時間 
生活支援技術Ⅰ20時間 
生活支援技術Ⅱ30時間 
介護過程Ⅰ20時間 
介護過程Ⅱ25時間 
介護過程Ⅲ45時間介護技術
発達と老化の理解Ⅰ10時間 
発達と老化の理解Ⅱ20時間 
認知症の理解Ⅰ10時間 
認知症の理解Ⅱ20時間 
障害の理解Ⅰ10時間 
障害の理解Ⅱ20時間 
こころとからだのしくみⅠ20時間 
こころとからだのしくみⅡ60時間 
医療的ケア50時間
12時間
喀痰吸引・経管栄養等
全受講時間450時間+12時間 

既に持っている資格で受講免除

既に介護資格を取得している場合については免除される受講科目があります。

受講科目時間数初任者研修ヘルパー1級ヘルパー2級介護職員基礎研修
人間の尊厳と自立5
社会の理解Ⅰ5
社会の理解Ⅱ30
介護の基本Ⅰ10
介護の基本Ⅱ20
コミュニケーション技術20
生活支援技術Ⅰ20
生活支援技術Ⅱ30
発達と老化の理解Ⅰ10
発達と老化の理解Ⅱ20
認知症の理解Ⅰ10
認知症の理解Ⅱ20
障害の理解Ⅰ10
障害の理解Ⅱ20
こころとからだのしくみⅠ20
こころとからだのしくみⅡ60
介護過程Ⅰ20
介護過程Ⅱ25
介護過程Ⅲ45
医療的ケア50
合計4503209532050
免除時間数130355130400
おすすめ介護転職サイト
【介護転職サイト厳選10社】
この記事では、転職サイト26社を調査した中から、介護の仕事を探す方へ本当におすすめ出来る10社を厳選し転職活動の目的別で紹介しています!
こちらから要チェック