40代で介護士に転職するのは不利?介護士のメリット・デメリットを解説!

40代の方の中には、介護士への転職を考えている方もいらっしゃると思います。

ただ、年齢などの問題から、様々な不安を抱いている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、40代から介護士へ転職をするのは不利なのか、そもそも介護士になるメリットとデメリットは何なのかということについて、詳しく解説していきます。

40代で介護士に転職をするのは不利なの?

一般企業になると、40代の転職は若干厳しくなります。

決して不可能ではありませんが、書類選考に中々通過できなかったり、未経験の職種だと足切りされてしまったりする可能性も高いです。

しかし、介護士はこの限りではありません。

もちろんすんなりと転職できるとは言いませんが、一般企業と比べると断然ハードルが低くなるのです。

その理由については、次の40代で介護士に転職をすることのメリットで詳しく解説していきますので、このまま読み進めてみてください。

40代で介護士に転職をすることのメリットは?

それでは早速、40代で介護士になるメリットについて詳しく見ていきましょう。

人手不足のため、採用されやすい

まずは人手不足の業種であるため、採用されやすいということです。

介護職の人手不足は今に始まったことではありませんが、徐々に高齢者が増えつつある今、余計に人手不足が進行しているのです。

このようなこともあるため、40代からでも採用されやすい傾向があります。

今までのスキルを活かせる

続いては40代ならではのスキルと経験を生かすことができるからです。

40代ともなると、かなりの社会経験があると思います。

その中で、高齢者と接する機会や礼儀作法なども学んでいることでしょう。

そのスキルと経験は介護職でも生かすことができるのです。介護士は高齢者と常に接する仕事ですので、最低限のマナーと接し方が分かっていないと務まりません。

つまり、40代だからこそ歓迎される部分があるということです。

自分の親の介護もできる

40代の場合は、親の介護からも目を背けることができない年齢になります。

何も知らない状態だと、どうやって親を介護すればいいのかすらわからくなってしまうでしょう。

しかし、介護職を経験していると、どのように介護をすればいいのかがすぐにわかるため、ストレスを溜めず、負担を軽減しながら親の介護をしていくことができるのです。

少子高齢化で将来性のある仕事

介護士というのはかなり将来性のある仕事です。

現代はかなりの少子高齢化社会となっていて、これから少しずつ高齢者が増えてくるのです。

それに伴って介護職員の数も必要になります。必要人材を確保する為には、より働きやすく・より労働条件を良くしていく必要もあるため、将来性があるという事になります。

40代で介護士に転職をすることのデメリットは?

では、逆に40代で介護士に転職をすることのデメリットはあるのでしょうか。

一般企業と比べると年収が下がる

まずは一般企業に比べると年収が下がる場合があるということです。

40代から介護士に転職をしようとしている人の中には、一般企業に勤めていた経験を持っている人もいるでしょう。

その場合、最初は給料が低いことにびっくりするかもしれません。

40代の介護士の年収は、大体430万円程度になることが多く、一般企業で役職を持っていた人からすると少ないと感じてしまうかもしれません。

また、インセンティブなどもありませんので、安定はしているものの、野心がある人には向いていないという特徴があります。

体力勝負

介護職はとにかく体力勝負です。

介護士は高齢者の介護をするということが仕事ですので、お茶を飲みながら世間話をしていればいいという仕事ではありません。

また、夜勤などもあるため、身体的負担を感じる可能性もあります。

施設によって運営体制が異なるため、転職の際にしっかりと確認しておくことが大切になるでしょう。

上司が年下になることも

40代から介護士へ転職をする場合、上司が年下になることがあります。

一般企業に勤め、部下に指示を出していたという人からすると精神的なストレスがかかってしまう場合もありますので、あらかじめ理解をしておく必要があります。

40代から介護士へ転職をする場合は、それ以前の上下関係からなるプライドを捨てる必要があるということです。

そうしないと、いざ介護士へ転職をしても変なプライドが邪魔をしてしまい、人間関係を円満に保つことができなくなってしまう可能性もあるのです。

まとめ

40代から介護士へ転職をするというのは決して不可能ではありません。

むしろ40代であるということが強みになる場合もあるのです。

また、介護士へ転職をすると様々なメリットを得ることができます。

とはいえ、いくつかデメリットもありますので、介護士へ転職をする場合にはメリットとデメリットをしっかりと頭に入れて、自分への向き不向きを考えることが大切なのです。

そうすることで、すんなりと介護職に馴染むことができ、新たなキャリアを育成していくことができるでしょう。

おすすめ介護転職サイト
【介護転職サイト厳選10社】
この記事では、転職サイト26社を調査した中から、介護の仕事を探す方へ本当におすすめ出来る10社を厳選し転職活動の目的別で紹介しています!
こちらから要チェック