【介護士必見】儲かる介護施設TOP3!年収500万円以上稼ぐために必要な事

介護職に興味を持っている人の中には、

「介護職って儲からないイメージがある…」と不安に思っている人もいるでしょう。

確かに一般企業に比べると平均年収は少ない傾向にあるのですが、施設によってはかなり高い給料を貰える場合もあるのです。

そこでこの記事では、

  • 給料が高い施設は一体どこ?
  • 介護士68人に聞いた年収アンケート
  • 年収500万円以上稼ぐために必要な事

以上の内容について、詳しく解説していきます。

儲かる介護施設ランキングTOP3

儲かる介護施設ランキングTOP3

介護職というのは、給料が低いというイメージが定着しています。

確かにこれは事実と言えば事実なのですが、介護の仕事の中でも施設の種類によって給料の振り幅あるのもまた事実です。

平均月収で比較した時に儲かる介護施設TOP3は、

1位:特別養護老人ホーム
2位:介護老人保健施設
3位:有料老人ホーム

となります、順に解説していきます。

1位:特別養護老人ホーム

1位は、特別養護老人ホーム(以下、特養)です。

この施設では、平均月収が29万円~34万円となっており、介護職としてはかなり高い給料水準になっています。

もちろん保有資格・経験にもよりますが、賞与なども入れた年収ベースでは500万円も超す事も多いのではないでしょうか?

さて、「特養の給与水準がなぜ高いのか?」ですが、これは運営母体の規模が大きいからという理由が挙げられます。

専門的な話にはなりますが、特養は”第1種社会福祉事業”と呼ばれ、原則的には民間企業では運営ができない事になっております。万が一でも倒産し、入居者の行き場が無くなってしまうというリスクを防ぐためです。

そのため運営は、

  • 地方公共団体
  • 社会福祉法人

以上の3機関に限られてきます。

裏を返せばそれだけ「安定」している運営母体の介護施設でもあるので、職員にも還元しやすいという部分もあるのではないでしょうか。

実際に求人を覗くと分かりますが、賞与も6か月分(年2回に分けて)などの好条件などの案件も目にする事があります。

2位:介護老人保健施設

続いては介護老人保健施設(以下、老健)です。

老健では、平均月収が22万円~30万円の水準となっています。

老健も特養と同じく”第1種社会福祉事業”であるため、その他の介護施設と比較しても高めの給料水準となりやすいのでしょう。

また、

  • 夜勤がある
  • 身体的負担は少なくない

という点でも特養とは同じですが、老健の方が給料的な水準は低めです。

より多くの収入を求めるのであれば特養の方がおすすめです。

3位:有料老人ホーム

続いては有料老人ホーム(以下、有料)です。

ここでは、平均月収が18万円~37万円となっています。

給料の振り幅が大きい原因ですが、有料は特養や老健とは違い「民間企業でも運営可能」という点が挙げられます。

その企業によって介護職員へ提示する給料の額にバラつきがあるため、稼げるところもあれば、そうでない所もあるのが事実です。

現役介護士68人に聞いた!「年収500万円は越してますか?」

先日、ツイッターで下記のようなアンケートを取りました。

介護の仕事をしており、年収が500万円以上の方、 また、500万円以上の方は副業をしているかについて知りたいです!

結果は、介護士の約12%は年収が500万円以上との事でした。

ツイートにもありますが、僕自身5%くらいだと予想していたので多く感じました。

また、アンケート結果から副業との合算で年収500万円を超しているという方もいらっしゃるようでした。

介護士が年収500万円以上稼ぐために必要な事

上記のアンケート結果から、約10人に1人の介護士は年収500万以上稼いでいるという事が分かりました。

介護士が年収を上げていく為には、

  • 資格を取得する
  • 給料交渉をする
  • 転職時は求人を吟味する

以上の事がポイントとなってきます。

特に給料交渉に関しては転職時だけではなく、現在働いている職場でも必要に応じて行うべきだと思います。

コツとしては、参考求人を引き合いに出して正当な要求であるとアピールする事です。

介護業界では給料交渉をしている人は少ない印象がありますが、これは非常にもったいないと感じます。

また、現在の給料があまりにも低いといった場合は、転職によって給料を上げた方が手っ取り早い時もあります。

先ほど解説したように、有料老人ホーム等は給料の振り幅も大きいので実際に全く同じ業務をしていても年収が100万円以上違うといった事などはざらにありますからね。

介護業界のおすすめ転職サイトを下記の記事で紹介しているので参考までにどうぞ。

参考記事: 介護求人に特化したおすすめの転職サイトまとめ

副業も視野に入れる

副業も視野に入れる

介護士で年収500万円以上稼いでいる方の中には、副業をしている方もいました。

副業といっても、

  • Wワーク
  • 転売ビジネス(せどり)
  • YouTube
  • FX
  • アフィリエイトブログ

など様々ですが、言わずもがな苦しいだけの副業は続かないので自分に合ったものを選びましょう。

アフィリエイトブログの始め方に関しては下記の記事で具体的に解説しています。

参考記事:アフィリエイトに最適なブログの作り方について【副業におすすめ】

まとめ

介護職はあまり儲からないイメージがありますが、実際は年収500万円以上稼いでいる方もいます。

高年収を手にする為には、先程紹介したランキングを参考に職場を選ぶ事、副業をしてみることをおすすめします。

という事で今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめ介護転職サイト
【介護転職サイト厳選10社】
この記事では、転職サイト26社を調査した中から、介護の仕事を探す方へ本当におすすめ出来る10社を厳選し転職活動の目的別で紹介しています!
こちらから要チェック