【介護職に聞いてみた】ぶっちゃけ給料いくら貰ってますか?

最近は介護の求人サイトを見ていると給料の水準が上がってきたと感じるさしまる(@sashimaru111)と申します。

実際僕が昔デイサービスで働いていた時のパートさんの時給は1000円を下回っていましたが、下記のような介護専門の求人サイトなどを見ていると時給の高い案件も少なからず見つかります。

介護職の就業・転職は介護専門求人サイトかいご畑

求人ベースでは昔と比べて給料が高くなっているのは分かりましたが、今回は実際に介護施設で働いている知り合い3名に給料を聞いてきちゃいました(笑)

結果から言うと、給料は個人差がかなりあると思いますが、やはり昔と比べて、全体的な水準が上がってきたと感じました。

デイサービスの生活相談員の給料

デイサービスの生活相談員として働いている方(以下Kさん)の給料

年収→3,552,500円

内訳は以下

毎月の総支給→245,000円

ボーナス(年2回)→2.5か月分

どうでしょうか、僕は平均くらいなのかなと思いましたが、Kさん曰く「低すぎる」との事でした(笑)

Kさんは「介護福祉士」という介護の国家資格を持っており、その資格手当が5千円付いているとの事です。資格取得も給料を上げていくポイントですね。

有料老人ホームの管理者候補の給料

将来の管理者候補ですが、現在は現場スタッフとして働いている方(以下Dさん)の給料

年収→5,110,000円

内訳は以下

毎月の総支給→365,000円

ボーナス(年2回)→2か月分

同じ現場スタッフでも管理者候補としてだと給料に大きな違いがあるそうです。

管理者候補の場合、半年を目途に管理者業務などの教育が入るそうで、その後もし管理者になった場合は、さらに給料も上がるそうです。

介護業界の給料は良くなってきているとは言え年収500万超えは個人的はなかなか聞く事がないのでインパクトがありました。

どうしたらそんなに給料が高い職場が見つかるのかを聞いてみた所、Dさん曰く、やはり大きい会社の方が比較的給料は良いとの事。実際にDさんの有料老人ホームの母体も全国に何施設もあるような有名な会社です。

地域密着型通所介護の施設長の給料

地域密着型通所介護(民家型デイサービス)の施設長(以下Mさん)の給料

年収→3,120,000円

内訳は以下

毎月の総支給→260,000円

ボーナス→なし

Mさんの会社の施設は2店舗で施設長の給料はどちらも同じなのだそうです。

ボーナスがないのは厳しいですね・・・

しかし、Mさんは小さい会社だからこそ、様々な業務を経験する事が出来ると前向きに捉えていました。

実際に施設の中の業務は全てMさんがこなしているそうで、将来的には自分で、地域密着型通所介護を開設する事を考えているそうです。すごい!

まとめ

実際に自分が介護職として働いていた時は年収300万円もいかなかったので、現在、介護業界で働いている方々の給料は個人的に高いなと感じました。

そして、給料を上げていく為のポイントはシンプルですが、

✔資格を取得して別途手当をもらう事

✔出来るだけ大きい会社を選ぶ事

だという事が分かりました。

求人によっては例の管理者候補などの案件もあり、初年度から高年収を狙える場合もあるようですね。

また、規模が小さい施設だとしても、様々な仕事を経験する事が出来るなど、給料面以外のメリットで職場を選んでいる方もいる事が分かりました。

今回は以上です。

おすすめ介護転職サイト
【介護転職サイト厳選10社】
この記事では、転職サイト26社を調査した中から、介護の仕事を探す方へ本当におすすめ出来る10社を厳選し転職活動の目的別で紹介しています!
こちらから要チェック