介護ソフトのカイポケを実際に使ってみて感じたメリットと注意点

こんにちは、元デイサービス管理者のさしまる(Twitter)と申します。

今回は、当時使用していた介護ソフトの「カイポケ」についての感想を紹介していきます。

元々は別の介護ソフトを使用していましたが、途中からカイポケに乗り換えたので、ある程度の比較を交えながら話せるかと思います。

カイポケの新規契約を考えている方や、他社の介護ソフトからの乗り換えを検討している方の参考になれば幸いです。

介護ソフト「カイポケ」の申し込みはこちらから>>

他社の介護ソフトからカイポケに変えたきっかけ

元々は他社の介護ソフトを使用していましたが、途中からカイポケに変えました。

変えた理由は、「利用料金の算定方法が明確だから」という事が一番大きいです。

旧介護ソフトでは、その月に登録している利用者の数で費用が決まるのに対し、

カイポケでは1施設でいくらとなっています(利用料金の詳細はカイポケ公式HPからどうぞ。)

つまり、利用料金が毎月変動したりする事が無い事がポイントで、予算も立てやすい事などからカイポケに変更しました。

多機能で有名なカイポケですが、実際に使う中で良かった体験について話していきます。

カイポケを使って良かったところ

電話サポートの方の知識が豊富

カイポケでは電話でのサポートも行っているのですが、操作方法以外の事を聞いてもOKです。

僕が、電話サポートで特に助かったのが、「介護保険改正」の時です。

当時、新設された加算についての内容がよく分からなかったので、何となくカイポケの電話サポート窓口で聞いたみたら、なんと対応してくれました。

「この加算は今回から新設された~というもので、〇〇の場合に算定できますよ」と丁寧に教えて貰えました。

さらには質問に対しても快く答えてくれました。(実際にデイサービスを運営している僕よりも最新知識が豊富で正直びっくりしました)

iPadが借りれる(どんな使い方をしても大丈夫)

カイポケを使っているとiPadが無料で借りられるのですが、通信費も無料なのでどんな使い方も出来ます。

もちろん、iPadからカイポケにログインしてレセプト作成業務を行う事なども出来るのですが、

僕はYouTubeで高齢者体操などを流してレクリエーション時に活用していました。

求人広告が出せて応募もあった

求人広告が出せる機能もあったので、使っていました(同僚はこの機能に気づいていませんでしたが笑)

最初は、内心「どうせ無料だしダメ元で載せてみるか」みたいな感じだったのですが、自分の場合は実際に求人応募がありました!

応募があるかどうかはタイミング次第だとは思いますが、全く効果がないわけではないと思いますので、もしカイポケを使うならこの機能は活用した方がいいと思います。

ファクタリング機能(早期現金化)が助かった

ファクタリングという用語は聞いた事がありますか?

介護でのファクタリングとは、介護報酬の請求権を第三者が買い取って先に入金をしてくれるというものです。

通常は介護報酬は国保連へ請求するもので、受け取るにはおよそ2か月程かかりますが、ファクタリング機能を活用すれば、請求が確定した時点でカイポケが入金をしてくれるといった感じです。

若干の手数料は発生しますが、ファクタリングを申し込めば通常の請求業務の作業の際に、自動的に算出されるので手間はかかりません。

こういった機能が介護ソフトに付いているのは非常に助かりました。

カイポケを使う際の注意点

カイポケは非常に多機能な介護ソフトなので、本来使える機能を見落としてしまう可能性があるという点がデメリットだと思います。

カイポケの機能は今まで紹介した以外にも、ホームページが作成出来たり、勤怠管理などの機能もありますので、少なくとも請求業務としてだけ使うのはもったいないと感じます。

ぜひ、カイポケを使う際は公式ホームページにも機能一覧がありますので、確認する事をおすすめします。

まとめ

介護ソフトとしての機能に優れていならがら、丁寧な電話サポートもあり、ユーザーの困りごとをしっかりと解決してくれる「カイポケ」は実際に使っていた立場からしてもおすすめですよ!

介護ソフト「カイポケ」の体験利用はこちらから>>

おすすめ介護転職サイト
【介護転職サイト厳選10社】
この記事では、転職サイト26社を調査した中から、介護の仕事を探す方へ本当におすすめ出来る10社を厳選し転職活動の目的別で紹介しています!
こちらから要チェック