【出戻り】また介護業界で働きたい!面接時の志望動機を作成するポイント3つを紹介

「出戻りというかたちで介護の仕事に志望したいけど、採用してくれるか心配…」

「出戻りの場合の志望動機ってどう伝えればいいのか知りたい」

一般的に『出戻り』と聞くとネガティブな印象を受けがちですが、実際はそうではありません。

他業界で経験をした上で介護の仕事に戻るということは、強い覚悟を持っていることに他なりません。

そして、他業界を経験したという実績も介護業界においては有利にはたらく場面が多くあります。

しかし、採用面接のシーンで志望動機の伝え方を間違えてしまうと不採用にもなりかねない、というのは事実です。

そこでこの記事では、介護の仕事でもう一度頑張ってみようという方へ向けて、面接時の志望動機作成のポイントを3つ紹介します。

志望動機を事前にまとめ、採用側に良い印象を持ってもらえるよう、最後までご覧いただけると幸いです。

介護の職場へ出戻りする時の志望動機作成3つのポイント

 それは以下の3点です。

  • 介護を『離れた理由』と『出戻りする理由』を整理する
  • 『その職場』で続けていくアピールをする
  • 他業界を経験した中で、介護でも活かせそうなことを見つける

順に解説していきます。

介護を『離れた理由』と『出戻りする理由』を整理する

介護の仕事へ出戻りする場合の採用面接シーンで最も重要なのは『再び介護業界を離れる事はない』という事を伝えられるかどうかです。

それにはまず「そもそも何があって(何を思って)介護を離れたのか」という部分に触れるのがベターだと考えています。

介護を離れた理由については、大きく分けると以下の2パターンがあると思います。

  1. 【気持ち的な理由】例:別の業界にチャレンジしてみたくなった
  2. 【物理的な理由】例:勤務形態にバラつきのない仕事がしたかった

そして、他の業界を経験した結果、介護の仕事に戻ろうという結論に至った。だからこそ、少なくとも同じ理由で介護業界を離れる事はない。という部分の整理が必要になります。

上記の例に合わせた伝え方を紹介します。

①の気持ち的な理由であれば・・・「IT系にチャレンジしてみたが、1日中パソコンと向き合うのみで、人との関わりが無いのは自分には辛いという事が分かった。人と関われる介護の仕事はやりがいがあり、自分に合った仕事だったという事を改めて実感したので今後は介護で働いていきたいと考えています。」
②の物理的な理由であれば・・・「早番や夜勤など、バラつきのある勤務形態が負担という理由で介護を離れましたが、御社では夜勤はないのでそれなら介護の仕事自体は好きなので、戻りたいと思いました。」

繰り返しますが、上記の例のようにまずは『今後は介護を離れるような事はない』と思ってもらえるように意識するのが良いでしょう。

それには、介護を『離れた理由』と『出戻りする理由』を整理する事が重要です。

仮に志望動機には書かないとしても、面接時に高確率で聞かれる部分でもあると思いますので整理しておいて損はないでしょう。

『その職場』で続けていくアピールをする

まずは介護業界自体を離れない部分のアピールが重要という点を紹介しました。

ここまででも十分に効果的ではあると思いますが、

言ってしまえば、同じ介護業界の中でも転職する人は非常に多い業界ですので、

介護業界を離れないというのは前提として、同時に『その(面接を受ける)職場で続けていきますよ』という部分もアピール出来れば面接の合格率はグーンと上がるでしょう。

その為には、面接を受ける職場をリサーチし、職場の特徴に合わせた志望動機にしていく必要があります。

職場独自のキャリアアッププランなどがあれば、そこを目指していく形でも良いと思いますし、

資格取得応援制度などがあれば、それを活用し力を付けていきたいという志望動機にする事によって、長期的にその職場で働いていく気持ちがあるというアピールとなります。

しかし、この部分は職場によって変わってくるので一人で調べ、考えるというのは簡単ではない事だと思います。

そこでおすすめのやり方として、介護業界の転職エージェントを活用するという手があります。

このような志望動機作成から履歴書・職務経歴書の書き方を介護転職のプロに相談する事が可能で、転職を二人三脚で進めていく事が出来ます。

転職活動のフォローに強い介護業界の転職エージェントですが、【ケアジョブ】 は口コミも良いものが多く定評がありますので、ぜひ一度確認だけでもしておく事をおすすめします。(もちろん同時に求人を探す事も可能です。)

他業界を経験した中で、介護でも活かせそうなことを見つける

そして、一度介護業界を離れ、他業界を経験したあなただからこそ見えてくものがあると思います。

介護業界しか知らない人に比べ、多くのアイデアを生み出せる可能性は他業界を経験した強みと言えるでしょう。

例えば、他業界で知り得た知識の中で、

  • これは介護で応用することができれば役立ちそうだな
  • これを介護に取り入れられれば利用者が喜びそうだ
  • こうすれば事務作業がもっと効率化できそうだ

などと介護業界に還元出来そうなアイデアが思いつくのであれば積極的に伝えていきましょう。

介護の職場は、一度業務の流れや暗黙の了解ができてしまうとなかなか新しい行動に移しにくいことが多々あります。

そのような課題を抱えている職場は、常にプラスになる新しい意見を発信できる人材を探している場合が多いです。

自分が入職することでどの様なメリットがあるのか採用側に伝えることができれば、より良い印象を持ってもらえるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は出戻り時の面接の志望動機作成ポイント3つを紹介しました。

ポイントは出戻りした事をプラスに伝えることです。

そうすれば採用面接で落ちてしまう確率は下げることができるはずです。

また、繰り返しになりますが、他の業界を経験したスキル・知識は貴重なものですから、面接の際は臆することなく堂々とこれまでのキャリアを伝えましょう。

他の人が持っていない意見を出せるようになれば、職場にとって欠かせない存在になり、介護現場に大きく貢献できるでしょう。

この記事を参考にしていただいた結果、転職が成功することを切に願っております。

おすすめ介護転職サイト
【介護転職サイト厳選10社】
この記事では、転職サイト26社を調査した中から、介護の仕事を探す方へ本当におすすめ出来る10社を厳選し転職活動の目的別で紹介しています!
こちらから要チェック