介護老人保健施設(老健)とは?仕事内容やメリット・デメリットを解説!

介護老人保健施設で働きたいと思っている人は多くいますが、この施設についての知識がある人は少ないです。

ただ、介護老人保健施設で働くためには、仕事内容やメリット、デメリットについての知識を深めていく必要があります。

上記について、この記事で詳しく解説していきますので、介護職に興味がある人や介護老人保健施設で働きたいと思っている人は是非最後まで目を通してみてください。

介護老人保健施設って一体何?

介護老人保健施設というのは、在宅復帰を目指す高齢者のサポートをする施設です。

基本的には医療機関での治療を終えた人が、リハビリを目的として利用することが多く、65歳以上で、要介護度が1~5の方が対象になっています。

また、この介護老人保健施設は、民間の企業ではなく、医療法人や社会福祉法人が都道府県知事の許可を受けて運営しています。

特養とは何が違う?

介護老人福祉施設と似ている施設で、特別養護老人ホームがあります。

両者の違いは、在宅復帰を目指すのか、長期的に利用するのかということです。

介護老人福祉施設が、在宅復帰を目指す高齢者のサポートをする施設である一方、特別養護老人ホームは、退所をする必要がないため、終の棲家にする人も多くいるのです。

介護老人保健施設で働く場合の仕事内容

では、介護老人福祉施設で働く場合の仕事内容、職種について、詳しく解説していきます。

医師

まずは医師です。

  • 健康管理
  • 治療
  • リハビリ職への指示

などを粉うことが多く、基本的にはスタッフ全ての動きを把握し、統率する役割を担っているのです。

介護士

続いては介護士です。

介護士は、

  • 入浴サポート
  • 排泄サポート
  • 食事サポート

など、利用者の生活全般をサポートします。

また、医師や他のスタッフと連携してサポートを行っていく必要があるため、柔軟な考え方、行動が大切になる仕事でもあります。

リハビリ職

続いてはリハビリ職です。

具体的には、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが挙げられます。

理学療法士は、運動機能のリハビリサポートを行い、作業療法士は精神心理機能のリハビリをサポートし、言語聴覚士は言語コミュニケーションなどのリハビリをサポートすることが多いです。

また、それぞれの利用者によって、回復させる機能も違いますし、ゴールも違います。

そのため、利用者一人一人に寄り添い、その人に合ったリハビリ計画を作成することが大切になるのです。

支援相談員

続いては支援相談員です。

この名称は、介護老人福祉施設独自の呼び方になっていて、一般的な呼び方は生活相談員になります。

  • 窓口業務
  • 家族との相談、打ち合わせ
  • 地域との連携
  • 関係機関との連絡

などを行います。

一見地味な仕事に見えるかもしれませんが、支援相談員が居ないと、利用者に快適なリハビリや生活を提供することが難しくなるため、非常に重要なポストだということができるのです。

ケアマネージャー

続いてはケアマネージャーです。別名、介護支援専門員です。

ケアマネージャーはどちらかというと、オールマイティに仕事をこなす必要があります。

担当業務の他に、介護業務や入居者及びその家族との打ち合わせ、他スタッフとの打ち合わせなどを行います。

つまり、かなりの経験と知識がないと務まらない仕事ということができるのです。

介護老人保健施設で働くメリット、デメリットは?

では、介護老人保健施設で介護士として働くメリットとは一体何なのでしょうか。

メリット

まずはやりがいがあるということです。

利用者は在宅復帰を目指してリハビリを行いますので、リハビリが成功し、利用者を送り出す瞬間の感動は何者にも代えることができません。

また、様々なスタッフと連携して仕事を進める必要があるため、自分の担当分野だけではなく、様々な仕事内容について学ぶことができるのです。

続いては、たくさんの人と出会えるということです。

高齢者は体こそ弱ってしまっている物の、知識量は我々の何百倍もあります。

そのため、人生についてのアドバイスを貰ったり、逆に悩み相談に乗ってくれたりするため、非常に良い経験になるでしょう。

デメリット

デメリットとしては、楽しみを目的としてイベントが少ないということです。

先ほども解説したように、介護老人保健施設は、利用者の在宅復帰を目指すための施設です。

長期利用を目的としているわけではないため、他の施設と比べるとイベントが少なくなる場合もあるのです。

また、どうしても医療に近いサービスになってしまうため、介護老人保健施設以外で勤務をしていた人は、方針に慣れるまでに時間がかかってしまう場合もあるでしょう。

介護老人保健施設の仕事はどうやって探すの?

介護老人保健施設の求人は介護業界専門の求人サイトを活用する事をおすすめします。

一般の求人サイトと比較すると業界に特化しているだけあって求人数が多いのが特徴です。

下記の記事では、実際に使用してみて良かったと感じる求人サイトやネット上で口コミ・評判の良い求人サイトをまとめたので宜しければこちらも併せてご覧ください。

【厳選】おすすめ介護転職サイトまとめ

まとめ

介護老人保健施設は、高齢者の在宅復帰を目指すための施設です。

そのため、長期利用を目的とした特養とは違った特徴を持っています。

ただ、介護老人保健施設でしか得られないメリットや、やりがいがありますので、興味のある人は是非挑戦してみることをおすすめします。

とはいえ、どうしても他の介護施設や老人ホームとは特徴が違いますので、その違いについてもしっかりと理解しておくことが大切です。

おすすめ介護転職サイト
【介護転職サイト厳選10社】
この記事では、転職サイト26社を調査した中から、介護の仕事を探す方へ本当におすすめ出来る10社を厳選し転職活動の目的別で紹介しています!
こちらから要チェック